企業理念

歴史という土台に支えられて。 

株式会社ダイタの歩みは、遠く元禄10年(1697年)、初代の中込太右衛門の創業に始まります。その当時は江戸の中央集権的な制度が安定し、商業活動が活発になり始めた時代です。創業から7年後の宝永元年には、柳沢吉保が甲府城主となり、山梨の経済活動や交通の基礎がしっかりと据えられるようになり、他国との交易もいっそう盛んになりました。
その後、幾多の変化の中で家業を発展させ明治期に至りますが、由緒ある太右衛門の名前は、8代で終わり、以後9代目規正より中込家の当主となる個人の名で家督を相続してきました。

中込本店営業部

中込石炭部横浜出張所 貯炭部

明治36年、中央線の開通を機に、10代目悌造はそれまでの米穀商に加えて肥料や食塩、燃料などを取扱うようになり、品川豆炭の一手販売、45年には中国より石炭(撫順炭)の輸入販売を手懸けて、横浜に出張所も設けました。この時代は、甲府市内に電灯がつき始めたばかりの頃で、甲府と東京を結ぶ電話も開通しています。

ダイタの歴史は元禄10年より300年を超え、その間さまざまな出来事の中を生き抜くようにして、企業としての土台作りをしてまいりました。老舗としての信用、従業員の自覚、洗練された商業センスなど、ダイタは長い時を経ることで身につけた、ビジネス感覚を有しています。
このような歴史の支えがあるからこそ、豊かなヴィジョンを描き、事業を自在に展開することができるのです。これからもこの確かな地盤に立ち、人々の暮らしと社会基盤づくりのために、さらに大きな貢献をしていきたいと願っています。

PAGE TOP